ハンドボール

【魅力紹介】今こそハンドボール!ハンドボールの魅力を熱血紹介【楽しさ・凄さ】

みなさんこんにちはエンピツです。

 

はてな

ハンドボールってどこがおもしろいの?

そんな人にハンドボールの楽しさ・魅力を知ってもらう記事になっています。

この記事を読んでほしい方

こんな方におすすめ

  • ハンドボールのことを知りたい!
  • もっとハンドボールの楽しさを知りたい!
  • ハンドボールってなに?

ハンドボール初心者やこれから始めようと思っている人向けの記事です。

また、知り合いや友達にハンドボールのことを紹介したい人向けの記事です。

十分にハンドボールの魅力を知っている人は、別のハンドボール記事もあるので、ぜひ見て下さい。

 

記事を書いている人

・ハンドボールを小学校から始め、全国大会に出場した経験。

・ハンドボール指導歴10年をこえ、全国大会出場、県大会でも男女共に優勝経験あり。

・NTSのトレーニングの指導に関わった経験あり。

・現在小学生から大人まで所属するチームを運営・監督・選手として活動中。

 

そんなボクがハンドボールのポジションの魅力を紹介します。

もっとハンドボールのことを知ってもらえば、ハンドボールをする人が増えるね!
ハンド関係者
エンピツ
そうそう!それでどんどんハンドボール業界が盛り上がると嬉しいね!

ここでは、魅力を2つのグループに分けて紹介するよ。

・プレーする時の魅力

・観る魅力

確かに!観ることの魅力とプレーすることの魅力とどちらも大切だもんね!
ハンド関係者
エンピツ
プレーする人だけじゃなく、観る人が増えることも大切なことだからね!

 

ハンドボールのプレーする魅力

では、さっそくハンドボールのプレーする魅力を紹介していきます。

ハンドボールをこれから始めようと思っている人や、今友達を誘っている人なんかも参考にしてみてね!

ハンドのプレーする時の魅力

①運動に必要な大切な要素がつまっている

②チームプレー

③どんな人にも役割がある

この3つを紹介します。

 

①運動に必要な要素がつまっている

ハンドボールはボールを持ってパスをし、得点を取るスポーツです。

スポーツにおいて大事な3つの要素「走る・投げる・跳ぶ」が全て詰まっているスポーツです。

もちろん、それだけではありません。その3つを細かく見ていきましょう。

「走る」

「走る」という動作の中でも、ダッシュや切り返しをすることはもちろん、

サイドステップやバックステップのように前に進むだけではなく多様な「走る」という要素が必要です。

また、斜めに走ることもありますし、大人になれば試合時間は30分×前後半になるので、持久力も必要になります。

エンピツ
「走る」動作の中でも、思い浮かぶ多くの要素がハンドボールにはあるんだ。
それはとてもすごいね!次の「投げる」はどう?
ハンド関係者

 

「投げる」

次は「投げる」です。パス・シュートという二つの動きの中で「投げる」という動作をします。

走ると同様、「投げ方」も多様です。

エンピツ
今思い描く投げ方ってどれくらいある?
えぇ。。。上から、横から、下から…くらいかな?
ハンド関係者
エンピツ
その3つはもちろん、まだまだ投げ方があるよ!

パスだけでも何種類もの投げ方があり、シュートの投げ方と合わされば本当に数えきれない投げ方ができるのがハンドボールです。

パスにはどんな種類があるのかはこちらで紹介していますので、興味のある方はぜひご覧ください。

エンピツ
そんなに数え切らないほどのパスがあるんだね💦
それに、本当はその倍以上あるっていっても過言じゃないんだ。
ハンド関係者
エンピツ
え!?倍以上!?どういうこと?

「投げる」という動作は、両手で行う選手もいる

シュートを両手のどちらでも打つ選手は多くはないですが、パスだけなら、どちらの手でも同じように行える選手がたくさんいます。

右手でできるパスと同じパスを左手でできるだけで倍の数の「投げる」という動作が増えますね。

そして、その時の足にも注目すると、もっと「投げる」動作がたくさんあることがわかります。

一般的に右手で投げる場合、踏み込む足は左足です。(野球のピッチャーを思い出してください。)

ハンドボールにはそれはそんざいせず、右手右足で踏み込んで「投げる」場合もあれば、ジャンプして投げる場合もあります。

(色んな投げ方×踏み込む足の種類)×両手

これだけの「投げる」という動作があるのはとても珍しいですね。

もちろん、全てができる選手はいないけれど、できれできるだけプレーの幅が増えるってことだね!
ハンド関係者
エンピツ
その通り!天井なしに上手くなれるってことだよ!

「跳ぶ」

最後は、「跳ぶ」という動作です。

ハンドボールといえばジャンプシュート!

その「跳ぶ」ですが、レベルがあがると、左でも右でも、その時に応じて踏み切る足を変えることができます。

それがハンドボールの魅力のひとつでしょう。

また、「前へ跳ぶ」、「上へ跳ぶ」、「横へ跳ぶ」こともありますし、

跳んだ後身体を床と平行にするような考えられないシュートを打つときもあります。

ハンドボールにおいて「跳ぶ」というのは、1つではないということです。

エンピツ
ただ「跳ぶ」じゃなくて「どう跳ぶか」が大切な分、色んな「跳ぶ」が身につくのが魅力だよ。
その全てを身に着けられたらすごい選手になるね!
ハンド関係者
エンピツ
そうそう!そのためにはしっかり身体作りも必要だね!

ハンドボールのための身体作りもこちらで紹介しています。自宅でできるもの、一人でできるもの、たくさん紹介していますので、ご覧ください。

 

②チームプレー

次の魅力はチームプレーです。

チームプレーは多くのスポーツの魅力のひとつでもありますよね。

チームの中で学ぶことは多く、スポーツの醍醐味だとも言えます。

逆に、このチーム感が苦手でスポーツから離れている方、スポーツを敬遠している方もいるでしょう。

ですが「チームプレー」が必要なハンドボールはとっても魅力的なのは間違いありません。

身長が大きい選手も小さい選手も、力が強い選手も、交代を何度も繰り返すことができるハンドボールは誰もが活躍できる場所があるのです。

チームみんなで努力し、勝利し喜ぶことも負けて悔しい気持ちになることも、チームプレーだからです。

 

③どんな人にも役割がある

チームプレーの時にも既述した通り、ハンドボールは誰もが活躍できる場所のあるスポーツの1つです。

それを実現しているのはハンドボールにある「何度でも交代ができる」というルールです。

ハンドボールのポジション別役割でも紹介はしましたが、それぞれの特徴にあったポジションがあるため、

身長が高い選手、パワーがある選手、走りが速い選手…それぞれの合ったポジションがあります。

それに加え、「何度でも交代ができる」というルールがあるので、ディフェンス専門の選手やオフェンス専門の選手がいるチームも少なくないです。

まだ他にも7mスロー職人と呼ばれる7mスローが得意な選手や、GKがいるチームもあります。

え!7mスローの時に出てくる選手もいるの!?
ハンド関係者
エンピツ
そうそう!7mスローという大切な場面で活躍できる大切な選手だよ。

このようにハンドボールでは、誰もが得意な技術を身に着けることで誰もが活躍できる所があるのも魅力の一つです。

 

ハンドボールの観る魅力

次はハンドボールの観る魅力について説明していきます!

ハンドボールの観る魅力は大きく4つです!もちろん他にもありますが、今回はこの4つに注目して紹介します。

ハンドの観るの魅力

①激しくダイナミックなプレー

②戦術の凄さ

③選手との距離が近い

④見ていて飽きない試合展開

 

①激しくダイナミックなプレー

何より1番はダイナミックなプレーです。

ダイナミックとは「力強く生き生きとするさま」という意味です。

ハンドボールの代名詞でもあるジャンプシーンはもちろん、空中でパスをしたり、空中でキャッチ、

そのままシュートをするスカイプレーも誰もが観ていて興奮するプレーのひとつです。

ジャンプ力もすごく、垂直に1m以上のジャンプや時速100kmを超える球の速さは本当に見る人を魅了するダイナミックなプレーです。

他にもポストの攻守の身体のぶつかり合いも力強さが見えますし、倒れこみながらのシュートもかなり見ものです。

そんなダイナミックなプレー、

身体がぶつかり合う激しいプレーが観れるのもハンドボールの魅力ですね。

 

②戦術の凄さ

以前ハンドボールは「ハンドボールの戦術はサッカーの戦術の10年先をいく」と言われていました。

ハンドボールやサッカーというスポーツの特性上、全員攻撃全員守備が基本であり、

オフザボールの動きはもちろん、ボールを持った時にできることの選択肢がとても多いことからきていると言われています。

またサッカーとは違い、手で扱うことも色んなプレーができることにつながりますし、

交代が何度もできることで、選手の入れ替えが多くその分色んな形でオフェンスやディフェンスもできます。

交代することさえも戦術としているチームもあります。

バスケットボールよりも歩くことができる歩数が多いことも数多の戦術ができる要因のひとつだと考えられます。

ポイント

・全員攻撃、全員守備

・オフザボールの動きが多い

・ボールを持った時の選択肢が多い

・試合中に選手が何度も交代できる

・ボールを持ったまま歩くことができる歩数が多い

かの有名なスペインリーグのバルセロナさえ、ハンドボールの戦術を参考にしていたとも言われています。

え!サッカーチームが参考にするほどの戦術があるの!?
ハンド関係者
エンピツ
それほど画期的で、複雑な戦術がたくさんあるってことだよ。

ハンドボールを観るとはじめは「え!?何が起きたの!?」と思うほどの動きがあります。

そして見れば見るほどに多くの戦術に驚かされ、感心させられます。

そのハンドボールの戦術の多さ、凄さが魅力です。まずはハンドボールの試合を観てみることから始めませんか?

またハンドボールを楽しく見るところから始めてみたい方は「おすすめハンドボールyoutuber」も紹介していますのでご覧ください。

 

③選手との距離が近い

日本ではハンドボールはまだプロ化しておらず、日本リーグというリーグがトップリーグとしてあります。

そのため、選手との距離が近いのも威力のひとつです。

試合を観に行くとサインがもらえることや写真を撮ってもらうことも!

どのチームの選手もとても気軽に話しかけてくれるので、一度試合を見に行くといい気にハマること間違いなし!!

そんなハンドボールの試合は全国どこでも観ることができます。

詳しい試合情報は日本ハンドボール協会公式ホームページへ!

 

④見ていて飽きない試合展開

これは、ここまでに紹介したものが欠け合わさってできた最大の魅力です。

なんせ試合が飽きないんです。

大人の試合は30分×前後半で行われますが、そんな時間は一気に過ぎ去ってしまいます。

1試合で両チーム合計50~60点前後、多い時には両チームで70~80点入ることもあります。

その上、ダイナミックなプレーに多様な戦術があるので、観ていて全く飽きません!

ハンドボールをプレーする前に、プレーすることを考えていなくても「観る」という選択を一度してみませんか?

きっとあなたもハンドボールのトリコになります!

 

まとめ

ここまででプレーする魅力と観る魅力を紹介しました。まずふりかえってみましょう。

ハンドのプレーする時の魅力

①運動に必要な大切な要素がつまっている

②チームプレー

③どんな人にも役割がある

 

ハンドの観るの魅力

①激しくダイナミックなプレー

②戦術の凄さ

③選手との距離が近い

④見ていて飽きない試合展開

 

こんなにも魅力のあるスポーツはハンドボールだけ!!

…とそんなことはないですが、ハンドボールはとっても魅力的!

ハンドボールだけじゃなく、色んなスポーツを観るのはとても興奮しますよね!

家にいて、スポーツを楽しもう!という方はDAZNがおすすめ!

 

ハンドボールを楽しみ、魅力を見つけるのは…

これからやぞ!!

 

ハンドボール関連記事

シュートがもっとうまくなりたい人必見!シュートの全てをまとめて1つにしました。

タイミングや打ち方、ロングシュートの練習方法など、シュートに関する記事を集めました。

随時更新中ですので、くわしく読みたい方はこの記事へ。

 

パスについてのまとめはこの記事から

 

ハンドボールに必要なものをそろえていますか?

練習着やボールのように、ハンドボールに必要なものを一挙に紹介。

練習着でモチベを上げて、自分用ボールで練習の質を上げる。目が悪ければどうすればいい?

そんなことを全て解決できるようにしています。この記事からどうぞ。

 

ハンドボールの練習着!「これからやぞ」が贈るおしゃれでかっこいい!なのにリーズナブルな練習着は

こちら!【ハンドボール】ハンドボールアパレル【THINK SEEP】

練習・試合の時目が悪い人ってどうしてる?目が悪い人必見のスポーツのすすめ→こちら

 

勝ちたいのなら行動にする、あなたの勝ちたい気持ちを行動へ。

試合に勝ちたいのなら上手くなる。上手くなりたいのなら練習をする。

試合で勝てないチームも、全国大会常連の法政二高ハンドボール部阿部監督監修の

「勝つための効率的練習方法」で勝てないチームが勝てるチームに。。

全ての選手と、全ての指導者のためのトレーニング!

ハンドボールが上手くなりたい人は必見

記事を読む

勝ちたくない人は見ない方がいいよ♪

 

-ハンドボール
-, , , , , , , , , , , , , , , , , ,

© 2022 これからやぞ!! Powered by AFFINGER5