ハンドボール

【ハンドボール】目が悪い選手・眼鏡はどうすればいい?【ルール・悩み解決】

みなさんこんにちはエンピツです。

 

 

はてな

眼が悪いときはどうすればいい?

眼鏡では出場できない?

目が悪くてもスポーツを思いっきりするには?

そんな疑問を持っていませんか?

 

 

この記事を読んでほしい方

こんな方におすすめ

  • 眼鏡をかけたまま試合に出ることができるのか知りたい。
  • スポーツ用メガネがどんなものなのか知りたい。
  • 眼鏡をかけたままでもスポーツってできるの?

そんな方の疑問を解決するためのおすすめの記事になっています。

 

記事を書いている人

・ハンドボールを小学校から始め、全国大会に出場した経験。

・ハンドボール指導歴10年をこえ、全国大会出場、県大会でも男女共に優勝経験あり。

・NTSのトレーニングの指導に関わった経験あり。

・現在小学生から大人まで所属するチームを運営・監督・選手として活動中。

そんな現役指導者のボクがルールを踏まえて、ハンドボール×眼鏡について解説します。

確かに眼鏡をかけている時に出場できるのか気になっているよ。
ハンド関係者
エンピツ
まずはルールの把握をして、その上でそしてどうすればよいかを説明するね!

この記事の構成

ハンドボールのルールの把握

視力が悪い人は試合に出場する時にどうすればいいのか

大きくこの2つで記事が構成されています。

 

ハンドボールのルールの把握

まずは、ハンドボールのルールでは、眼鏡の取り扱いにです。

日本国内において、ゴールキーパーを含めたプレーヤーは、やむを得ず必要とする場合において、眼鏡及びスポーツゴーグル(眼鏡)を使用することができる。その際、固定バンドの装着が必要である。ただし、金属製のフレームについては使用できない。

 

つまり、どういうことなの?
ハンド関係者
エンピツ
そうだよね。このルールを要点に分けて読み解いていくよ。

 

ルールの要点

・試合に出場する時には眼鏡、もしくはスポーツゴーグル(眼鏡)を着用してもよい。

・眼鏡を着用する場合は、固定バンドを付けて落ちないようにしなければならない。

・ただし全体が金属フレームでできている場合は、使用不可になる。(鼻あてが金属の物も不可になります)

・このルールは日本国内のルールである。

 

この4つがポイントです。

わかりやすい!眼鏡やスポーツゴーグルをかけて試合に出場することができるってことだね!
ハンド関係者
エンピツ
わかったもらえてよかったよ!

 

視力が悪い人が試合に出場するために【解決法】

ルールが把握できたので、次は、視力が悪い人の解決法を紹介します。

 

解決法は全部でつあります。簡単なものから順に紹介します。

解決法

眼鏡バンドを購入する。

スポーツゴーグルを購入する。

コンタクトレンズを購入する。

視力回復のトレーニングを行う。

 

視力が悪くても試合に出場できるようになるためにしっかりと対応をしましょう!

 

解決法①眼鏡バンドを購入する。

一番簡単な方法はこれです。眼鏡バンドを付けることによって眼鏡が落ちにくくなり、試合に出場できるようになります。

ポイント

・いつも使っている眼鏡を使うことができる

・価格も安く、購入しやすい

・普段の練習から気軽に使用ができる

ただし、金属フレームの眼鏡では試合には出場できないので注意しましょう。

確かに、普段使っている眼鏡をそのまま使用できることはいいことだね!
ハンド関係者
エンピツ
そうそう!いつも使っている眼鏡のほうが安心して使用できるからね!


こちらは楽天市場の眼鏡バンドでも最高級の評価をされているスポーツ眼鏡バンドです。

ご購入の際いはたくさんの眼鏡バンドがある中でも、安心して使えるものをおすすめします。

 

解決法②スポーツゴーグルを購入する。

次におすすめなのはスポーツゴーグルです。試合に出場する時にはスポーツゴーグルを使用している人がほとんどです。

スポーツゴーグルって高くて、それにたくさんありすぎて選べないよ!
ハンド関係者
エンピツ
そうだね!それじゃぁ、特におすすめの3つを紹介するね。

スポーツゴーグル人気No.1


「度数入力フォーム」があり、注文後に度数を送れば、その対応をしてくれる!

amazonでも楽天でも人気の商品です。紫外線カットもされるので屋外での試合にも安心して使用できますね!

 

スマートなスポーツゴーグルならこれ


FILAのスポーツゴーグルは とてもスマート!カラバリも豊富です。

楽天市場のレビューが☆4.8と高評価!迷ったら間違いなしのスポーツゴーグルです。

 

大人も使えるスポーツゴーグルはこちら

スポーツゴーグルは子ども用しかない?いいえそんなことはありません。


championなら中学生から大人まで幅広く使えるスポーツゴーグルを販売しています。

もちろん、子ども用も販売しているので親子で同じスポーツゴーグルをかけることも可能です。

 

あれ?どれもスポーツブランドのものばかりだね!
ハンド関係者
エンピツ
スポーツブランドのものがやはり専門性があっていいんだよ。

購入する時のポイント

度数を眼科でチェックして、スポーツブランドのスポーツゴーグルを購入しよう!

 

解決法③コンタクトレンズを購入する

これも一つの解決方法ですね。試合の時だけ、大会の時だけコンタクトレンズを装着する人も多いみたいです。

エンピツ
ボクも試合前の練習と、試合の時だけはコンタクトレンズをつけているよ。

コンタクトレンズを付けることで色んなメリットがあります。

・メガネのように、バンドやフレームが気にならない

・フレームがないので、視野が広く確保できる

・何もつけていない時と同じように動きやすい

こんなにメリットがあるので、一度試してみるのもいいかもしれませんね。

でも、コンタクトレンズって高いんじゃない?
ハンド関係者
エンピツ
それは昔の話!今は安くて安心なコンタクトレンズも販売しているよ。

コンタクトレンズの購入は1DAYがおすすめ


エンピツ
ボクはこのコンタクトレンズをいつも使っているよ!

 

解決法④視力回復トレーニングを行う

難しいけれど、視力回復のためのトレーニングをするのもいい方法です。

え!?視力って回復するの!?
ハンド関係者
エンピツ
今は、視力を回復させる手術もあるし、トレーニング次第で視力が回復することもあるんだよ。

「視力が回復する」と聞いてもすぐには信じられない。…わかります。

だからこそ無料体験をしてみませんか。

すぐに決断できることではない。だからこそ、しっかりと体験してから決めることが大切です。

詳しくはコチラ


自宅で2週間の無料モニターで視力の回復をしませんか。

視力が上がるのなら…無料で試してみましょう!→ 自宅で視力回復を2週間無料体験【アイパワー】

まとめ

いかがだったでしょうか。

目が悪いから眼鏡をかけている。それが原因で試合に出られない…そんなものは防ぎましょう!

きっとあなたに合う解決方法があるはずです。

 

解決法

眼鏡バンドを購入する。

スポーツゴーグルを購入する。

コンタクトレンズを購入する。

視力回復のトレーニングを行う。

 

今のあなたに合う方法で解決ができるといいですね。

目が悪くても、眼鏡をかけていても、最高のパフォーマンスができるように…。

 

ハンドボールは…

これからやぞ!!

 

 

0

-ハンドボール
-, , , , , , , , ,

© 2021 これからやぞ!! Powered by AFFINGER5