ハンドボール ルール

【初心者必見】ハンドボールのルール『オーバーステップ』ついて考えてみよう!【審判規則】

みなさんこんにちはエンピツです!

はてな

試合のジャッジがおかしい!不満がある!

試合をしていて、そう思ったことはありませんか?

この記事を読んでほしい方

こんな方におすすめ

  • ハンドボールのことをもっと知りたい!
  • ハンドボールのルールを知りたい!詳しくなりたい!
  • 最近審判をはじめて、ルールを覚えたい!
  • 試合のジャッジに不満があって、どういうことか知りたい!

今回はそんな方に向けての記事になっています。

ジャッジに「え!?」となったことって誰にでもありますよね?

そうだよ!オーバーステップとか全然とらない時ってあるんだよ!
ハンド関係者
エンピツ
そうだよね。ジャッジに「?」が出ることってあるんだ。

だからこそ、この記事をしっかり読んで理解を深めよう!

 

※特に初心者に向けてこの記事は書かれています

 

記事を書いている人

・ハンドボールを小学校から始め、全国大会に出場した経験。

・ハンドボール指導歴10年をこえ、全国大会出場、県大会でも男女共に優勝経験あり。

・NTSのトレーニングの指導に関わった経験あり。

・現在小学生から大人まで所属するチームを運営・監督・選手として活動中。

今回は、ハンドボールの試合でよくある「?」のジャッジについて説明します。

簡単にわかりやすく説明しているので、ぜひ最後まで読んで下さい。

 

ハンドボールの独特のルール

ハンドボールやサッカー、バスケットボールなどのスポーツは独特なルールがあります。

簡単に説明すると、「審判規則」、つまりルールには明記されていないけれど、大丈夫だったり、そうではなかったり、

また、年代別のカテゴリによって、国によっても少しジャッジが違う場合も多いのが特徴です。

え?ということは同じスポーツでもルールが違うことがあるってこと?
ハンド関係者
エンピツ
まぁわかりやすい言葉で言うとそういうことになるね…。うん。

ヨーロッパで人気なスポーツの中には「ルールが曖昧」になっている時も多くあります。

そして驚きなのは、同じカテゴリの中でも審判によって判定が変わることもあります。

審判によって判定が変わるって…それはおかしくない?
ハンド関係者
エンピツ
審判も人間だから見える時と見えない時もあるからしかたないよ。

審判によって判定がかわることはどのスポーツにもあることですので、珍しくないですね。

そんな中で今回は、特に「?」となったり「難しい」と感じるオーバーステップのジャッジについて簡単にまとめました。

オーバーステップのルール

まずはオーバーステップのルールをしっかりとおさえましょう。

ハンドボールの歩数の数え方は大きく3つにわけることができます。

ハンドボールの歩数の数え方

  1. 味方からパスをもらった場合
  2. 自分でドリブルをした場合
  3. その他、特別な場合
歩数が3種類あるっていうのもおもしろいね!
ハンド関係者
エンピツ
大きくは2つで、3つ目は補足説明するね!

それではまず、この中の2つを解説していきます。

味方からパスをもらった場合

まず、パス回しの時に味方からパスをもらった場合についてです。

味方からのパスをもらった場合、ボールをキャッチした時に地面に着いている足を0歩と数えます。

それが片足であっても、両足であっても0歩として数え、これをハンドボールの中では「0歩ステップ」といいます。

空中でキャッチした場合にも、次についた足を0歩として数え、

そこから3歩分歩くことができるので、合計4歩分、歩くことができます。

 

自分でドリブルをした場合

次に、自分でドリブルをした場合です。

キャッチをした後に、ドリブルをしてキャッチした時はパスの時とは歩数が違います。

ドリブルをした時に着いていた足、または空中でキャッチした後に着いた足は「1歩」になります。

この時に気を付けることは、この時に両足を同時についた場合にも「1歩」となるということです。

ドリブルの後についた足は両足・片足のどちらの「1歩」になることをおさえておきましょう。

 

その他特別な場合

そして、ハンドボールには少し難しい特別な場合があります。

それは、キャッチミスをしてしまい、ボールを落とした場合です。

この場合は、ルール上は「ドリブルを始めた」とみなされ、次にキャッチをしたときには

「ドリブル後」の歩数と同じ「1歩」になります。

また、敵のボールをカットした際などで「意図的にコントロールをしていない」と審判が判断した場合は、

カットの後にボールをキャッチした時の歩数は「0歩」となります。

しかし、カットの後にそのままドリブルをし、キャッチした場合は「1歩」から数えるので

気を付けなければオーバーステップになってしまいます。

ハンドボールの「?」なルール

時折、動画を観てみると、「え?歩いてんじゃないの?」と思うことがあります。

速攻時には5歩ぐらい歩いている時もあるように見えます。

それは…実際に5歩歩いてたりします…が、オーバーステップをとらない場面もあります。

プレーの流れや試合状況などで審判が流している場面もあるので、

だれでもそれでいいというわけではありません。まずはしっかりと「歩数」に気を付けてプレーしましょう!

まとめ

今回は、ハンドボールのルールの『オーバーステップ』についてまとめました!

感覚的にできるようになることもありますが、しっかりと基礎を覚えるにこしたことはありません。

基礎ができてこその応用なので、まずはしっかりと基礎の練習からしてみましょう!

もっとハンドボールのことが詳しくなりたい方は参考記事へどうぞ!

 

ルールをしっかりと理解していることは上達への1歩です。

ルールを熟知して、もっとハンドボールが上手くなるのは…

これからやぞ!!

 

DAZNで楽しく最高のスポーツ観戦を!

様々なスポーツの試合をライブ中継、見逃し配信で視聴できる!

上手い選手のプレーを見て、上達への第1歩を踏み出そう!

まずは無料で1ヶ月間観てみませんか?

スポーツ観戦を自宅でしたいのならDAZN!解説しました!で詳しくチェック

公式サイトはコチラ → DAZN

 

ハンドボール関連記事

シュートがもっとうまくなりたい人必見!シュートの全てをまとめて1つにしました。

タイミングや打ち方、ロングシュートの練習方法など、シュートに関する記事を集めました。

随時更新中ですので、くわしく読みたい方はこの記事へ。

 

パスについてのまとめはこの記事から

 

ハンドボールのルールやポジション、それ以外の色んな記事を一覧にして集めました。

 

ハンドボールに必要なものをそろえていますか?

練習着やボールのように、ハンドボールに必要なものを一挙に紹介。

練習着でモチベを上げて、自分用ボールで練習の質を上げる。目が悪ければどうすればいい?

そんなことを全て解決できるようにしています。この記事からどうぞ。

 

ハンドボールの練習着!「これからやぞ」が贈るおしゃれでかっこいい!なのにリーズナブルな練習着は

こちら!【ハンドボール】ハンドボールアパレル【THINK SEEP】

練習・試合の時目が悪い人ってどうしてる?目が悪い人必見のスポーツのすすめ→こちら

-ハンドボール, ルール
-, , , , , , , , , , , , , , , , ,

© 2022 これからやぞ!! Powered by AFFINGER5