ハンドボール

【ハンドボール】ロングシュートを決めたいあなたへのステップ1【メリット・デメリット】 

みなさんこんにちはエンピツです。

 

 

はてな

ロングシュートを打てるようになるにはどうすればいい?

ロングシュートのメリットってなに?

そんな思いを持っていませんか?

 

 

この記事を読んでほしい方

こんな方におすすめ

  • ロングシュートを決められるようになりたい。
  • ロングシュートのメリットを知りたい。
  • 得点力を上げたい。
  • チームの勝利に貢献したい。

そんな方におすすめの記事になっています。

 

記事を書いている人

・ハンドボールを小学校から始め、全国大会に出場した経験。

・ハンドボール指導歴10年をこえ、全国大会出場、県大会でも男女共に優勝経験あり。

・NTSのトレーニングに関わったことの経験もある。

そんな現役指導者のエンピツが、ロングシュートのことを解説していきます。

この記事を読めばロングシュートが上手くなるかな?
ハンド関係者
エンピツ
上手くなるために必要な知識を増やして、その後に練習しようね!

そうすればきっとロングシュートができるようになるよ!

 

ロングシュートとは何?

まずはじめにロングシュートについて詳しくなりましょう。

ロングシュートとは、読んで字のごとく「長い距離から打つシュート」のことです。

主に9mラインの外側10mや11mから打つシュートがロングシュートのイメージですね。

 

主にこの円で囲まれた部分で打つことが多いです。

エンピツ
ロングシュートができる人は本当にすごい!それだけでプレイが変わるんだ!

ここからロングシュートのいい所を紹介していくね!!

 

 

一流の選手や強豪校は、ロングシュートでしっかり得点を積み重ねることができます。

ポイント

ロングシュートを決めることができるチームとそうでないチームでは、

「圧倒的な得点力の差がある」

 

つまりロングシュートとは、

ポイント

試合に勝つための、得点力を上げる大切な要素

だと言えます。

 

ロングシュートのメリット(結論)

次に、ロングシュートがもたらすメリットです。

ロングシュートが打てる・決めることができることで、たくさんのメリットをもたらすことができます。

ロングシュートのメリット

得点力が上がる

フェイント成功率が上がる

攻撃パターンが増える

場面を打開できる

フリースローでの得点が取れるようになる

 

この5つのメリットを一つずつ詳しく見ていきましょう。

 

ロングシュートのメリット①得点力が上がる

単純にロングシュートが打てる選手と打てない選手では、得点力が違います。

ロングシュートが打てない選手は、フェイントや速攻で得点することが多くなります。

ですが、それが相手に通用しなくなるとグンと得点力は落ちますよね。

ですが、ロングシュートを持っているだけで、相手をかわさなくても

速攻で走り負けたとしても得点することができるんです。

それだけでハンドボールにおいてロングシュートが大切で、そして大きなメリットだとわかります。

 

ロングシュートのメリット②フェイント成功率があがる

あなた
あなた
ロングシュートが打てるようになると
フェイントの成功率が上がるの?

と不思議に思いましたか?

 

実は…上がるんです。

ロングシュートを打ってくる選手はディフェンスにとって脅威です。

なぜなら離れて守るとロングシュートを打たれ、

前に出て守ると、フェイントで抜かれたり、裏をポストにとられたりしますよね。

なのでロングシュートを決められるようになるということは

相手ディフェンダーはロングシュートを警戒するため前にでる。

するとフェイントに切り替えることができるので、フェイント成功率があがりますよね。

もちろん、フェイントにそなえて引いて守ればロングシュートを打てばいい話です。

そのロングシュートをフェイントに生かす最大の方法である、

「シュートフェイント」はこちらにもまとめています。ご一読ください。

記事を読む

 

ロングシュートのメリット③攻撃パターンが増える

これはフェイント成功率が上がると少し似ている部分がありますが、

ロングシュートが打てることで、単純に攻撃パターンが1つ増えます。

そしてロングシュートという選択肢があると、「とりあえずここでロングを狙おう!」

「で、もしディフェンダーが寄ってきてたらポストパスしよう。」

「それかフェイントに切り替えよう。」という風に戦術を考える時に1つ選択しが増えますね。

 

ロングシュートのメリット④場面を打開できる

これはオフェンスの時に攻め手に困った時、審判が手を上げてパッシブプレイをとられそうになった時、

「早くシュートを打たないと相手ボールになってしまう!」

そんな時にロングシュートを打てると、困った場面を打開できることがあります。

・攻め手がなく相手ボールになる

という場面が

・シュートを打てて、得点も入る

という理想の場面に変えることができます。

それがロングシュートのメリットです。

 

ロングシュートのメリット⑤フリースローからの得点力があがる

メリットの5つ目はこれです。

フリースローに頭を悩ましている指導者の方っていますよね。

純粋にロングシュートを決められる力がある選手がいると、こんな助かることはありません。

9mに並んだ選手が壁となり相手ディフェンスをブロックし、その上から

ドーーーーーーーーーーーーン!とロングシュートが打てる決められるというのは、

本当にシンプルに得点につながるので素晴らしい力ですね。

 

 

 

ロングシュートのデメリット

ロングシュートのデメリットは、ほぼないともいえるでしょう。

ですが、どうしても1つだけあげるとすればこんなことです。

注意ポイント

ロングシュートに頼りすぎてしまう

 

これは小学生や中学生に多く見られがちなのですが、

ロングシュートに頼ってしまい、ロングシュートばかり打ってしまうことがあります。

そうすると、相手もだんだんと対応できるようになり、得点力が下がってしまうようになります。

 

あくまで、1つあげるとすれば…のデメリットなので、それを改善することができれば、

ロングシュートは「ハンドボール最大の武器」と言えることには間違いないです。

 

こんなにたくさんのメリットがあるのはびっくり!できるようになりたい!
ハンド関係者
エンピツ
もっとロングシュートについてどんどん更新していくから、これからも記事を読んでね。

 

まとめ

今回はロングシュートのメリットを紹介しました。

ロングシュートのメリットおさらい

メリット①得点力が上がる

メリット②フェイント成功率があがる

メリット③攻撃パターンが増える

メリット④場面を打開できる

メリット⑤フリースローからの得点力があがる

 

ロングシュートのメリットやデメリットを知った上で、次はロングシュートのために身に着けたい力を紹介します。

ロングシュートを打つために身に着けたい3つの力の記事を読む

 

ハンドボールでもっと得点を積み重ねられるのは…

これからやぞ!

 

シュートに関連する記事はこちら

ハンドボールの最大の醍醐味でもあるシュートが入らない方はシュートの入らない原因を見つけましょう。

シュートのコツとらえて、練習すれば、もっとシュートが入るようになります。

 

ハンドボール

【ハンドボール】必見!試合で必要な3つのパスを身に着けよう!ラテラルパス【パス練習方法】

みなさんこんにちはエンピツです。   はてな 試合でパスミスが多くて、困っている。 そんな人に向けての記事になっています。 目次この記事を読んでほしい方試合で効果的な得点につながる3つのパス ...

雑記・体験

【home 5G】ドコモのルーターをおすすめしない4つの理由【デメリット】

相談スルオ最近出たドコモの「home 5G」が良さそうだから契約しようかなぁ~ ちょっと待って!確かに良いホームルーターだけど、場合によっては使いづらいかもしれないよ!エンピツ   「hom ...

ブログのこと

【ブログ収益・訪問者数】雑記ブログの全てを包み隠さず大公開します【1年と8ヵ月目】

みなさんこんにちはエンピツです!   こんなことを知りたくないですか? ・初心者雑記ブロガーの収益 ・訪問者数が伸びるのかどうか ・雑記ブログは稼ぐことができるのか? ・人気記事ってどんな記 ...

ハンドボール

【ハンドボール】初心者必見!パスの種類別パスのタイミング【基本のポイント】

みなさんこんにちはエンピツです。     はてな パスがもっと上手くなりたい! そんな願いはありませんか? その願い、一緒に叶えましょう!! 目次この記事を読んでほしい方結論を言い ...

ハンドボール

【ハンドボール】今こそ!ながらトレーニングでスキルアップ【自主練習・筋トレ】

みなさんこんにちはエンピツです。     はてな 家でできるトレーニングってあるの? そんな疑問を持っていませんか?   目次この記事を読んでほしい方ながらトレーニングと ...

0

-ハンドボール
-, , , , , , , , , , , , , , ,

© 2021 これからやぞ!! Powered by AFFINGER5