ハンドボール

【ハンドボール】パスが上手くなりたいなら必見【基本の練習・コツ・ポイントを紹介】

みなさんこんにちは、エンピツです。

 

ハンドボールライフを楽しんでいるでしょうか。

 

 

 

ハンドボールは、シュートやフェイントに目が行きがちですよね。

だってダイナミックでかっこいいですもんね!

 

でも…そんなすごいシュートや、フェイントを…

全てを作り出すものって何なんでしょう。

 

 

 

 

 

そう!それはパスです!
エンピツ
エンピツ

あなた
あなた
え?パス?ちょっと地味じゃない?

としっくりこないあなた!!ハンドボールにおいて…「パス」って本当は奥が深いんです。

 

パスの技術のすごさ(動画で紹介)

パスのすごさって中々伝わりにくいですよね。

ですが、この動画を観れば、パスの印象が大きく変わるはず!!

 

まずはこちらの動画を観て下さい。

【ハンドボール】絶妙な神業パスが上手すぎる!! バリッチの華麗なアシスト集【パス】

 

動画を観て…思うことは…確かにシュートもすごい!!驚

 

ですが、

今回はそんなすごいシュートではなく「パス」に目を向けましょう!

 

ついついシュートを見入ってしまっていますが、パスについて考えましょう♪

 

このバリッチのパス…それがなければそのシュートも生まれていません。

 

エンピツは40秒からのバックパスが好きです。おしゃれすぎます!!

 

この動画のように…ハンドボールでは

 

相手をだますパス

味方に点を取らせるパス

コートを1本でぶったぎるようなパス

 

 

パス1本で得点につなげることができる

 

そんな素敵なパスを出せるようになりたくなりませんか?

 

 

そのためにまずはパスについて考えていきましょう。

 

この記事では、基本的に意識をすることについてを紹介します!

 

あなたのパスに対する意識を変えていきましょう!

ハンドボールが上手になるために!パスが上手くなりたい方は必見です!

 

この記事を読んでほしい方

この記事は

パスがもっと上手くなりたい!

と思っている方やパスはそんなに大切じゃない。

と思っている方におすすめの記事です。

 

パスの重要性を知ってもらいたい。

というエンピツの思いが伝われば嬉しいです。

 

 

そしてもちろん!

パスが上手くなりたい人は必見です。

 

パスとキャッチが上手になりたい!というあなたにおすすめ攻略本はこちら

 

 

 

ハンドボールのパスの基本的な考え

ハンドボールを漢字で書くと「送球」になります。

 

「球を送る」んです。味方同士がパスを使い、球を送り合い、ゴールを目指すスポーツがハンドボールです!

 

つまり、ハンドボールにおいてパスとは、一番重要な動きの1つです。

 

シュートやフェイントのような

全てのスーパープレーを作り出すのがパスだと言えます。

 

そう考えると、パスってとても重要です!

 

 

「アップの対面パスや四角パスをするぐらいだよ。」というチームが多いですよね。

 

 

今のチームの練習時間、パスに重要な時間を使っていますか?

 

 

【結論】パスの意識を変えよう!

ハンドボールのパスといっても色んな種類があります。

投げ方も色んな投げ方があります。

だけど、投げ方や種類の前にまずあなたの中の中心に置いてほしい意識があります。

 

その意識を変えることで、練習の質が上がり、パスが格段に上手くなります!

 

 

それは

 

「通したい時に通したい味方に通れば、パスは成功」

 

 

だということです。

 

試合の展開によっては、DFがブロックをしたり、相手とコンタクトしている状態だったりするため

いつも通り投げられないかもしれません。

 

ですが、味方が欲しいタイミングで投げ、味方がキャッチできれば成功!

または自分が望んでいた場所やスペースに投げて味方がとることができれば成功!です。

 

そこに、正解の投げ方なんてない!正解の投げ方なんていない!

 

こういう時にはこういう投げ方が正解!ということはないのです!

 

もちろん、

その時に応じた成功確率が高い投げ方を選ぶべきですが、極論、パスは通ればOKなんです。

 

 

それをふまえた上で、意識改革をしていきましょう。

 

 

 

 

パス練習への基本的な意識(ポイント)

全てのプレーをつなげるパス。

 

送球という言葉の意味にもなっていると考えられるパスですが、普段のパス練習を意図をもってしたことがありますか?

 

あなた
あなた
パスに意図を持つってどういうこと?

 

どんな練習をする時にも必ずといっていいほど、「パス」がありますよね。

対面パスはもちろん、速攻練習、シュート練習、試合形式、

ディフェンス練習に動きを付ける時にパスを取り入れていることもあります。

それほど、どんな時にも近くにあるはずのパスに対して、当たり前になりすぎてはいませんか?

空気のように、長年連れ添った夫婦のように…。

パスがいて当たり前のようになっていませんか?

 

 

本当に大切なものって、ふと立ち止まらないと気づかないんです。

ハンドボールにおいてのパスってそのぐらい重要なものなのです。

今回は、もっとパスが上手になるために…練習の前に基本と、意識を変えてみましょう。

 

パスの重要性・意識を高める言葉

「自分は毎回メッセージ付きのパスを出している。」

これはサッカー元日本代表の小野伸二選手の言葉です。

 

 

小野選手は、日本だけではなく海外でも日本代表としても活躍した名サッカー選手です。

ボールの扱いが上手く、まさしくボールと友達と思います。

 

日本でもパスの名手で通っている小野選手のこの言葉…とても奥が深いと思いませんか。

 

 

あなたのパスにはメッセージがこもっていますか?

投げるボールの速度を早くして仲間を走らせたり、シュートまでの動作を早くするために高めへのパス。

スペースに走りこませるための相手のいない所へのパス・・・。

キャッチがしやすいような回転をかけたパスや、スピンパス。

 

 

「ボールを投げる」のではなく「パスを出す」のだからメッセージを超えなければいけません。

そんなメッセージ性のあるパスを出す意識をしましょう。「意図のあるパス」です。

 

 

ハンドボールは、「パス」がなくては成り立たないスポーツです。

バスケットボールのように「ドリブル」で相手陣内を切りこんだりすることはそれほど多くありません。

 

パスでつなぎ、得点を多くとるスポーツ。それがハンドボールですよね。

 

それだけ重要なパスなのに、現実はどうでしょうか?

 

 

ただただ対面パスをし続けたり、四角パスをし続けるのは、パスが上手になるためではないですよね。

 

あなたがチームで普段行っている練習はどうでしょうか…。

 

 

「パス練習」は、ただただ長かったり、100回連続をするまで終わらないという制限を付けられることが多いですね。

 

 

それがダメだと言っているわけではありません。

 

 

ただ…その練習は…

「パスの技術を上げる練習」ではありません。パスキャッチの基礎トレーニングです。

パスが上手になるためにする練習ならば100回連続をするのは最善策ではないでしょう。

 

キャッチが苦手で、いつまでもボールを落としているとハンドボールが上達しません。

一緒にキャッチを上手くなりましょう!

 

 

チームで今現在に意味のあるパス練習をしていないのならば、

あなた自身が「パス練習の意識」を変えて、自分でうまくなりましょう!!

 

あなた
あなた
でも、じゃぁ、チームで練習する時にはパスは上手くならないの?

大丈夫!上手くなることができる方法があるよ!
エンピツ
エンピツ

あなた
あなた
え?それはなに?教えて!

それはね…意識を変えるんだ。
エンピツ
エンピツ

 

どんな意識をもってパスの練習をするのかというと

 

「どういうパスならパスが通るのか」

「どんなパスは通らないのか」

「どんな場面でどのパスが最善なのか」

「どのタイミングでパスを出すのか」

 

これらを頭で考えたり、実践してみたりすることが必要です。

 

 

 

対面パスをしている時は…

あなたはどんな意識をしていますか?

ただただ向かい合ってボールを投げ合うだけにはなっていませんか?

パスにメッセージをこめることができるように、パスをしていますか?

対面パスの時には難しいかもしれませんが、1つ!

対面パスの練習の時に持つパスが上手くなる意識を公開しましょう!

 

 

 

 

 

それは…

 

 

 

相手が右利きならば、相手の顔の右側にパスを出す。

 

相手が左利きならば、相手の顔の左側にパスを出す。

 

 

 

 

 

 

そんな簡単なこと?いいえ、これはそんな簡単なことではないのです。

いや、本当は簡単だけど、その意識をしていない人がほとんどですよね。

 

それをするだけで、相手は次の動作に入りやすくなります。

つまり、プレーが1つはやくなるのです。

 

にも

相手がキャッチが苦手ならば、一番キャッチしやすい胸の上あたりに常にパスを出す。

 

 

その意識も1つの「メッセージ」です。

そんな相手のことを考えて練習でパスを出しているでしょうか。

それだけでキャッチの練習になりますよね。それがパスの意識を変えるということです。

 

「パス」をミスした時に「パス!」というだけ、

「キャッチ」をミスした時に「キャッチ」というだけではなく、

「どこにどんなボールを投げるのか」を意識して練習しましょう。

 

 

 

パスの意識を変えること、身近なパス練習から意識を高めることを実践しましょう!

その練習での意識を続ければきっとコート上を制するのはあなたです。

 

 

 

 

 

 

まとめ

普段当たり前にしているパス練習。

当たり前に「できる」と思っているパスですが、パスの意識ができていないことも多かったのではないでしょうか。

 

この記事を読んで、あなたのパスに対する「意識」が少しは変わったでしょうか。

 

パスの上達のコツ(意識) まとめ

・パスの大切さに気付く

・相手に合わせたパスを出す

・状況にあったパスを出す

・自分のパスにメッセージをこめる

・普段のパス練習からどんなパスを出せるようになりたいのか考えて取り組む

 

以上の意識を持ちましょう。

 

そして以下の3つは必ず覚えておいてください。

「通したい時に通すことができればパスは成功」だということ、

「パスにメッセージを込める」ということ、

そして「普段の練習からその2つを意識して練習をする」ということ

 

この3つを心に残してくださいね。

 

そうすることができるとまずは第1段階は突破です!

あなたのパスがもっと上手になるように…第2弾第3弾もお楽しみに!

 

あなたのハンドボール上達は…

これからやぞ!

 

ハンドボールのパスのまとめ記事はこちら

 

 

 

0

-ハンドボール
-, , , , , , , , , , , , , , , , , ,

© 2021 これからやぞ!! Powered by AFFINGER5