ハンドボール

【ハンドボール】必見!試合で使えるラテラルプッシュパスを身に着けよう!【練習方法解説】

みなさんこんにちはエンピツです。

 

はてな

試合でパスミスが多くて、困っている。

そんな人に向けての記事になっています。

この記事を読んでほしい方

こんな方におすすめ

  • パスをもっと上手く出せるようになりたい!
  • 得点につながるパスを教えてほしい。

そんな熱い思いをもったハンドボーラーにおすすめの記事になっています。

 

記事を書いている人

・ハンドボールを小学校から始め、全国大会に出場した経験。

・ハンドボール指導歴10年をこえ、全国大会出場、県大会でも男女共に優勝経験あり。

・NTSのトレーニングの指導に関わった経験あり。

・現在小学生から大人まで所属するチームを運営・監督・選手として活動中。

試合で効果的な得点につながる3つのパス

ここから紹介する3つのパスは、試合で使うパスの中でも特に得点につながることの多いパスです。

「パス」といってもいくつも種類があります。パスの種類や投げ方を知りたい方はまずこちらをご覧ください。

 

今回紹介するパスはこの3つです。

試合で効果的なパス3つ

・ラテラルパス

・バウンドパス

・ラテラルプッシュパス

 

この3つです。この3つのパスを今よりもレベルアップするための記事となっています!

この3つはパスがとても重要なハンドボールにおいて、特に早い動作で出すことができるパスです。

このパスを身に着けることでこんな良さがあります。

・試合のボール回しが速くなる

・パスで相手ディフェンスを崩すことができるようになる。

・ボールロストが減る

・オフェンスの質が格段に上がる。

 

この良さをしっかりと自分の力に変えるためにラテラルパスの練習方法を詳しく解説では、ラテラルパスの練習方法を紹介し

バウンドパスの練習方法を詳しく解説では、バウンドパスの練習方法を紹介しました。

そして今回の記事ではラテラルプッシュパスの練習を解説します。

ラテラルプッシュパスって何?あまり聞いたことがないんだけど。
ハンド関係者
エンピツ
そうだね。あまり名前は言いたことがないかもしれないけれど、試合中にはよく使っているよ。

まずはどんなパスなのか知ってもらうためにこちらの動画をご覧ください。

ラテラルプッシュパスとは

ラテラルパス+プッシュパス

2つのパスの良い所が合わさったパスだと言えます。

それでは練習方法やコツを見ましょう。

 

絶対に身に着けたいパス【ラテラルプッシュパス】

まずはラテラルプッシュパスを学ぶ前に、意識付けをしていきましょう。

ポイント

ラテラルパスの動作の速さとプッシュパスの正確さを兼ね備えたパス

そういうことができます。

ラテラルパスはボールを上手くつかめない人はミスが多くなり、

プッシュパスは体の向いている向きにしか出さない…そんな意識ですよね。

だからこそ、プッシュパスの正確性を持ち、体の向きとは違う向きにパスを出すラテラルプッシュパスが試合で使えるのです。

ラテラルプッシュパスの練習方法

ラテラルプッシュパスを身に着けるための練習に4つのステップで紹介します。1つずつクリアしながら練習していきましょう。

4つのステップ

①体の向きに気を付けて投げる

②プッシュパスを身に着ける

③二人組・壁に向かってラテラルプッシュパスを練習しよう

④実際に試合で活用しよう

この4つのステップでラテラルプッシュパスを身に着けていきましょう。

この練習方法を実現するには、2人もしくは3人で練習することをおすすめします。

 

身体の向きに気を付けて投げる

ラテラルプッシュパスの最大のメリットは体を正面に向けたままパスができることです。

これはラテラルパスと同じですよね。

身体を正面に向けたままパスができることで、敵の動きも確認しながらパスができます。

そうすることで攻めることもできるしパスもできるという対応ができます。

そのためにはまずはラテラルパスの練習方法から練習をし、ラテラルパスを身に着けましょう。

 

プッシュパスを身に着けよう

ラテラルプッシュパスの大切な要素でもある「プッシュパス」のトレーニングもしっかり行いましょう。

プッシュという名前の通り、ボールを押し出すという体の動きが必要です。

プッシュパスの練習方法を詳しく書いてある記事はこちらにリンクがありますので、

そこでしっかりと理解して練習していきましょう。

 

二人組・壁に向かってラテラルプッシュパスを練習しよう

ポイント

身体を正面に向けたままプレイができる

ミスの確率が低いプッシュパスでどこからでも、どこへでもパスを出せる

この大きな2つのメリットを生かすためにもラテラルプッシュパスの練習をどんどんしましょう。

・体を正面に向けてプレイする

・手首を返すのではなく押し出すパス

この2つを意識するために、キャッチしたボールを、そのまま横に押し出すパスの練習をしよう。

できるだけボールをキャッチしたところから直接手を押し出すようなパスをしましょう。

低くキャッチした時も、高くキャッチした時も、そのまま押し出す(プッシュ)ように出します。

そうすることで

・どんなとこからでも

・どこへでも

・動作が速い

・ミスが少ない

・正面を向いたまま

のラテラルプッシュができあがります。

二人組で、壁に向かって練習を繰り返しましょう。

 

試合で活用しよう

どんな技術も最後はここにたどり着きますよね。

いつもそうだよね。何で試合で活用するの?
ハンド関係者
エンピツ
それはね、試合で使うことができるようになることがゴールだからだよ。

そうです。練習でいくら上手くいっても試合で使うことができなければ本当の技術だとは言えません。

試合形式で、そして試合で自然と体が動くことが目標ですよね。

試合形式で使えば使うほど動作の速さや正確性が高まります。

ラテラルプッシュパスを身に着けることでラテラルパスよりもパス成功率が高いという利点にも気づけるはずです

何よりシュートが大切なハンドボールにおいて、シュートにも切り替えることができるということも最大のポイントでもあります。

パスフェイントでシュートに切り替えることが大切なの?
ハンド関係者
エンピツ
パスの目標は試合で使えることだけど、試合の目的は得点を取ることだからね!

試合で使うことを目標としていますが、試合の目的はあくまで得点を取るということですよね。

それを忘れてはいけません。

 

まとめ

最後にまとめとしてラテラルプッシュパスの練習をする時に意識したいことを紹介します。

ポイント

・両手のどちらでも出せるようになること

・どちらの足を出したときにも出せるようになること(右手右足・右手左足・左手右足・左手左足)

・手首を返すのではなく、押し出すパスをすること

パスフェイントからのカットインを練習しておくこと

ラテラルプッシュパスを使えば、プレイの幅が広がります。

もっともっと上手になるためにぜひ見に着けたいパスですね。

ハンドボールが上手くなるのは…

これからやぞ!

ハンドボール関連記事

シュートがもっとうまくなりたい人必見!シュートの全てをまとめて1つにしました。

タイミングや打ち方、ロングシュートの練習方法など、シュートに関する記事を集めました。

随時更新中ですので、くわしく読みたい方はこの記事へ。

 

ハンドボールが上手いということはパスが上手いということ。ボールを送る【送球】で

パスが下手なんて、自分の可能性をつぶしているようなものです。

パスについてのまとめはこの記事から

 

ハンドボールに必要なものをそろえていますか?

練習着やボールのように、ハンドボールに必要なものを一挙に紹介。

練習着でモチベを上げて、自分用ボールで練習の質を上げる。目が悪ければどうすればいい?

そんなことを全て解決できるようにしています。この記事からどうぞ。

 

ハンドボールの練習着!「これからやぞ」が贈るおしゃれでかっこいい!なのにリーズナブルな練習着は

こちら!【ハンドボール】ハンドボールアパレル【THINK SEEP】

練習・試合の時目が悪い人ってどうしてる?目が悪い人必見のスポーツのすすめ→こちら

 

勝ちたいのなら行動にする、あなたの勝ちたい気持ちを行動へ。

試合に勝ちたいのなら上手くなる。上手くなりたいのなら練習をする。

試合で勝てないチームも、全国大会常連の法政二高ハンドボール部阿部監督監修の

「勝つための効率的練習方法」で勝てないチームが勝てるチームに。。

全ての選手と、全ての指導者のためのトレーニング!

ハンドボールが上手くなりたい人は必見

記事を読む

勝ちたくない人は見ない方がいいよ♪

 

0

-ハンドボール
-, , , , , , , , , , , , , , , ,

© 2021 これからやぞ!! Powered by AFFINGER5