ハンドボール

【ハンドボール】必見!パスの名前と種類を紹介【名称と技を覚えよう】

みなさんこんにちはエンピツです。

 

そして今回はハンドボールブログ パスブログ第2弾!

ハンドボールのパスの種類・名称です。

・ハンドボールのパスの種類(名前)が知りたい。

というあなた!パスってたくさんの種類(名前)があるのをご存じですか?

 

この記事を読むとわかること(結論)

 

このブログ読むとパスの種類と名称を知ることができる

知識を深めると同時に、知識が深まればパスの質が高めることができる

色んな投げ方を知ることが、パスが上手くなる第一歩です。

 

パスの知識を深めるために、第1弾のパス記事では、パスをする時の意識、どんなパスがいいのかを

パスがもっと上手くなるための基礎意識改革で紹介しましたね!

まだ意識改革ができていない方はご覧ください。

【参考】:パスが上手くなるための基礎意識改革【パスの成功とは】

 

 

この記事を読んでほしい方

この記事は

「パスが上手くなりたい」「パスの種類を知りたい」

という考えを持っているあなたです。

 

意識が変わったあなたは、パスのことを知るために、今回で知識を深めていきましょう。

あなた
あなた
え?練習方法は?

知っていると知らないとで大きく違いがでるんだよ。
まずパスの知識を増やすこと。
知識があってする練習と、知らずにする練習とでは
大きく「質」が変わるんだよ!
エンピツ
エンピツ

あなた
あなた
なるほど!何の練習をしているか
わからずに練習しても仕方がないもんね!

そういうこと!
じゃぁ、さっそくパスの種類と名称を見ていこう!
エンピツ
エンピツ

 

この記事を書いている人

・小学校からハンドボールを習い、全国大会出場経験あり。

・会社員の傍ら、ハンドボールやバスケットボールのチーム運営をし、地域スポーツの発展を目  

 指している。

・指導歴10年以上の経験の中で、気付いたことなどをブログに残している。

 

 

パスとキャッチが上手になりたい!というあなたにおすすめ攻略本はこちら

 

ハンドボールのパスの投げ方・種類や名称

それでは、ハンドボールにおいて最も重要である

「パス」について、紹介していきます。

ハンドボールのパスにはたくさんの投げ方があり、それがパスの種類の数にもつながります。

 

全部できるようになると、きっとハンドボールが上手くなる!

 

 

ショルダー(オーバーハンド)パス

オーバーハンドパス?って何?と思ったあなた!わかります。

「オーバーハンドパス」と言われると難しいですが、「パス」というと1番に思い浮かぶ投げ方です。

つまり、腕を上に上げて、振り下ろすパスです。ショルダーパスということもあります。

 

練習が始まった時の最初にし、肩を温める(肩を作る)ために使用している人も多いのではないでしょうか。

また、シュートのフォームと同じ動作なので、一番多用される投げ方だと言えます。

 

 

ラテラルパス

ハンドボーラーのあなたには聞きなじみのパスですね!

これは、体の内側から外側に向けて腕を振るパスで言葉だけでは上手く伝わらないので、動画をご覧ください。

この動画の1分5秒からラテラルパスが紹介されています。

え?こんなパス使うことがあるの?と思うこともありますが、

実際に使用してみると、オーバーハンドパスよりも動作が速くボール離れが速いパスなので、慣れてみると使いやすいパスです!

ラテラルパスは、動作が少ないので、試合のオフェンスで特に使いますが、両手で使うことができると

相手ディフェンスを崩すために効果的です。

 

 

 

 

バウンドパス

名前の通りボールを地面に「バウンド」させるパスです。

ポストパスや、ディフェンスをかわしたい時に使うパスです。

敵の足元にボールを通すので、相手の意表を突きたいときなど使用することが多いですね。

バウンドパスはどんな投げ方でも意図的にバウンドさせればバウンドパスだと思ってくださいね。

 

 

サイドハンドパス

これはオーバーハンドパスと同じように、オーソドックスなパスですね。

簡単な言葉で言うと「横投げ」ということができますね。

腕を横に上げ、降って投げるパスです。

あまり使う場面が少ないように感じますが、目の前にいる相手DFをかわして投げないといけない時などは、

この投げ方を自然としていますね。

サイドハンドパスからのバウンドパスなどは使う場面が多いでしょう。

 

 

ジャンピングパス

これはジャンプして投げるパスで、難しいパスになります。

ハンドボールの真骨頂でもあるスカイプレーで使うようなパスで、普段のプレーで使う人は少ないですが、

パスフェイントやシュートフェイントに応用ができるので、もちろん知っておきましょう。

↓スカイプレーのジャンプパスはこちら↓

さっそくジャンプシュートと見せかけてのパス(ジャンピングパス)が見られます。

いつかこんなプレーがしてみたい…。
エンピツ
エンピツ

と憧れます。まさにハンドボール!と思うのがこのジャンピングパスですね!

 

 

 

バックパス

これは…もう…ひとつのトリックパスです!

「できなくてもいい」と言ってもいいかもしれません。いや、できたほうがいいですww

やっぱりバリッチ!!バックパスも、バウンドパスも…どんなパスもこの動画で全て出てきます!

いきなりあなたがバリッチにはなれませんが、

そのパスの種類を「知っている」ということは、窮地に立たされたときに、ふとした瞬間に出すことができるかもしれません。

バックパスを言葉で説明すると腕を自分の体の後ろにふり、パスする方法です。

 

プッシュパス

名前の通り、ボールを押し出すように投げるパスです。

バスケットボールのパスと同じイメージですが、ハンドボールは片手でプッシュパスをします。

ボールを持っている手を少しひき、そこから押し出す動作でボールをパスします。

オーバーハンドパスよりも動作が速いので、ボールを速く回したい時に使えますね。

プッシュパスは両手で、どの高さからもだすことがでいるとより効果的です。

 

ループパス

相手の頭上を通すパスです。ハンドボールにおいて多様している様子はあまり見かけません。

特に相手が自分よりも高身長の場合はあまり使用することはないですが、

ポストに対してフワッとパスを出す時に使用することもあります。

 

ロングパス

投げ方というか、パスの名称の一つですね。

キーパーから速攻に走っている味方へのパスだったり、

キーパーから受け取った一人目が遠目にいる味方へ出すパスです。

ハンドボールコートは40m(小学生は36m)あるので、

小学生なら25mぐらいはハンドボールで投げれるようになっていたほうがいいかもしれません。

中学生や高校生だったら、コートの端からコートの端まで山なりではなく、

強いボールで投げられるようになっておきましょう。

 

 

異質な投げ方?新しいパスの技術?ラテラルプッシュパス

これは聞いたことのないかもしれないです。

「ラテラルプッシュパス」とは、ラテラルパスとプッシュパスとが合体したパスの出し方です。

これは、動作の速いプッシュパスのよさと、体は正面にしたまま、

横方向に投げられるラテラルパスの良い部分を足したようなパスです。

言葉よりも実際に見てもらったほうが速いのでこちらの動画、1分55秒あたりからご覧ください。

「プッシュパスを横に出す」と考えると分かりやすいでしょうか。

手首を返さずに、持っているボールを横に押し出すパスですね。

自然と普段から使っているかもしれませんね。エンピツは普段からよく使っています。

 

ノールックパス

これはもう、「おしゃれ」の何物でもありません。

これは投げ方というよりも、パスの種類で、投げ方はなんでもいいです。

ただ、一つ違うのは、向いている方向と投げる方向が違うもので、相手をだますパスになります。

これを上手に使いこなせるあなたは、もう、パスマスターと言えるでしょう。

一度、動画をご覧ください…もう開いた口がふさがりません。

え?頭の後ろに目が付いているの?と感じます。

こんなパスが出せるってことは…あの練習がいるんでしょうね…。

ヒントはまたのブログで紹介します!お楽しみに!!!

 

以上がパスの種類と名称です。

 

全てのパスを知っていましたか?

そして、投げられますか?

 

 

まとめ

パスの名称や種類を全て覚えたでしょうか?

ですが、今回紹介したものはまだパスの一部にすぎません。

 

 

今回紹介したものはまだ「パスの一部」だということ」はどういうことかと言うと…

このパスの種類に踏み込む足と投げ方とを組み合わせるともっと多くあることです。

 

利き手だけではなく、両手で投げることができること。

また出す足(踏み込む足)によって…そしてそれぞれのパスにはベストな使うタイミングがあるということ…。

 

そんなことを考えていると、無限大の組み合わせがあり、無限大のパスを出すタイミングがあるのです。

 

どうですか?あなたが今出しているパスは、できるパスは

ごく一部のプレーにすぎないということがお分かりいただけたでしょうか?

 

これから、どんどんパスについて書いていくのでお楽しみにしていてください!

 

おまけの付け足しの1つをします!パスが上手くなりたいのなら…

たくさんのパスを出す経験を積み重ねることがパスが上手になる近道だということを

心に残しておきましょう。

実戦形式での練習で、たくさんのパスを出す経験が、上手くなるための一番の近道です。

コツコツ練習することがいいでしょう。

また対面パスの練習の時に色んな投げ方の基礎をつけるといいですね!!

 

 

第1弾でのパスの意識の改革を経て

この第2弾ではパスの種類と名称の知識の蓄積ができました!

次の第3弾ではパスの種類別のパスを出すタイミングについてまとめています。

 

 

第1弾のパスの意識の改革をまだしていないそこのあなた!!

そんなあなたは下の画像をクリック!!

↑この画像をクリック↑

 

ハンドボールのブログといえばエンピツ!

そうなることを虎視眈々と狙っているエンピツです!

 

その道のりは遠いですが、最近はハンドボールブログは増えてきて嬉しいですね。

エンピツはエンピツなりに考えたことや実践に基づいたことをどんどん発信していきます。

パスが上手くなりたいならボールと友達になるのが一番の近道!

今や定番ともいえる一人一つボールの時代です。

練習の時だけではなく、家でも触ることができればもっと上手くなります。

おすすめボール紹介をこちらでしていますので、読んで下さい。

バナーをクリック♪

 

 

みんなでハンドボールを盛り上げましょう!

ハンドボールのパスが上手になるのは

これからやぞ!!!

 

ハンドボールが上手くなりたい人は必見

記事を読む

勝ちたくない人は見ない方がいいよ♪

 

ハンドボールの関連記事はこちら

パスのまとめ記事で、パス技術をもっとあげましょう。

パス=うまさにつながります。

↓まとめ記事はこちらから↓

今までにもハンドボールブログはたくさん書いています。

きっとあなたのプラスになる情報があります!

画像をクリック!

↑この画像・気になる記事をクリック↑

0

-ハンドボール
-, , , , , , , , , , , , , , , ,

© 2021 これからやぞ!! Powered by AFFINGER5