言葉・格言

【心を熱くしたい!】現役サッカー選手元日本代表中山雅史選手の残したい名言・格言10選【Jリーグ】

こんにちはエンピツです。

今、新型コロナウイルスの影響で、色々な物事が制限されて生活していますよね。

少しずつですが収束?に向かっている半面、まだまだ不安があります。

そしてそれだけではなく、これからの生活に対しても不安がたくさんあります。

そんな未来が見えにくい今だからこそ

50歳を超えてもまだ走り続けるサッカー界のレジェンド「中山雅史」さんの

心が熱くなる名言を紹介します。

 

 

この記事を読んでほしい方

心が燃えない、何かモヤモヤする、頑張りたいけれど力が出ない…そういうお悩みを抱えているあなた。

今も頑張ってるけど、もっともっと燃え上がって頑張りたいあなた。

そして、未来が見えず、前向きになれないあなた。

 

そんなあなたにこそ読んでほしいこの記事!

このブログを読めばきっと力が出て、また頑張れます。

できれば最後まで読んでいただけると嬉しいです。

 

 

 

中山雅史という男

 

このブログを読んでいる人の中にも

あなた
あなた
でも、中山雅史選手のこと、よく知らないよ。

という方もいらっしゃると思います。そんなあなたのためにどんなに熱い男・選手なのかを簡単に紹介します。

・連続ハットトリックで世界記録(1998年)

1試合で5点、4点、4点、3点と得点し、4試合で合計16点も得点し、4試合連続ハットトリック(1試合で3点以上得点すること)を記録し、当時の世界記録にもなりました。

 

・最短ハットトリックで世界記録(2000年)

日本代表として出場したブルネイ戦で、試合開始直後3分15秒でハットトリックを記録し世界最短記録としてギネスに認定されました。

サッカーは1試合に1点2点が入るかどうかのスポーツで、0点で終わることもよくある中でこんなに得点を重ねるということ。それだけでもどれだけすごいかが伝わりますね。

 

・史上初Jリーグで150得点達成

多くのケガに悩まされた選手ですが、それでも150得点を達成した初めての選手です。現在(2020年2月時点)でも150得点した選手は10人もいません。そのことからもすごさが伝わります。

 

・日本人初W杯で得点をした選手

今でさえ当たり前にW杯にでるようになった日本代表ですが、その扉をこじ開けたのが中山雅史選手です。日本人初得点は、心の熱いこの人だからこそ生まれた得点だと言えるでしょう。

 

 

そして何より中山雅史という男を語る上で外せないのが「魂のゴール」「ダイビングヘッド」です。

中山雅史選手は、ゴールをするために自分の身を投げ捨てて飛び込みヘディングをする。

技術が特別高いわけではない。身長が特別高いわけではない。

だけどこんなにもたくさんの記録を残すことができたのも、「魂のプレー」があったからです。

 

そして、そのプレーが原因でいくつもの大けがをすることもありました。

もし、ケガがなければ、もっともっと記録を残していたことだと思います。

も、プロの世界には「たられば」は通用しません。

ケガですら、次のステージへの成長へとつなげる。そんな強さを持った熱い男が中山雅史選手です。

と、実はまだまだ語り足りないですが…。

 

これ以上語ると、それだけで1つのブログができてしまいそうなので、この辺りでとめておきます。

 

魂のプレー動画・中山雅史のゴール

そんな魂の、炎のストライカー中山雅史選手のゴール集をご覧ください。

動画から、魂からのプレーをしていることが伝わると思います。

少し古い映像で画質が良くないのはご了承ください。いかがでしょうか。

 

中山雅史選手のプレーは本当に数々のサポーターに勇気を与えてくれました。

 

そして、背中(プレー)だけではなく、言葉でも数々の熱い言葉を残しています。

このように、記録にも記憶にも残る魂でプレイする熱き男が中山雅史選手です。

 

そんな中山雅史選手の言葉を紹介します。

 

中山雅史の心が熱くなる名言・格言【10選】

それでは、中山雅史選手がどんな男かがわかってきたところで、名言・格言を紹介していきます。

1つ1つを解説するのではなく、あなた自身がどうとらえるか…どう感じるのか…を大切にしたいです。

 

中山選手の名言①

当たり前のことを当たり前にやることが、実は一番スーパーなプレーだと思っています。

 

中山選手の名言②

「神様お願い」という前に、やれることはやり尽くしてピッチに立ちます。

 

中山選手の名言③

失敗でもいい、大きな挑戦。経験として、僕の中で蓄えられればいい。

 

中山選手の名言④

スタメンでも途中出場でも使ってくれたら、それだけでいい。自分が何をすべきで、何ができるかは常に考えてるつもりですから。

 

中山選手の名言⑤

ケガからのリハビリは辛いけれど、「誰も見てないけど、こういうのが力になるんだ」と自分を盛り上げながらやっていくしかない。実際、ケガからの復帰を重ねたことが強さにもなっている。

 

中山選手の名言⑥

ケガの遍歴は多いですけど、ケガをしたからこそ強い自分も生まれたと思うんです。

 

中山選手の名言⑦

30歳でダメだったら34歳でやってやるし、それでもダメだったら38歳でやりますからね。

 

中山選手の名言⑧

常に全力。プレーの中では絶対に後悔だけはしたくない。

 

中山選手の名言⑨

行かないところへ行く、走れないところまで走る。それをやめたら僕の価値なんてないんです。だからそれを続けていくのが使命なんです。

 

中山選手の名言⑩

いまも「のびしろ」がたくさんある。欲張りたいね。一歩でも理想像に近づきたい。

 

 

まとめ

いかがでしたか?

今も昔もパワフルに前を向いて進み続けている中山雅史選手だからこその言葉です。

でも、この言葉はあなた自身のパワーにもなります。

中山雅史選手の言葉をうけたあなたが、次はパワーを出す番です。

これからのあなたの前を向いて進む姿を楽しみにしています。

 

そして…中山選手が残した言葉にこのような言葉があります。

「まだまだです。」

常に前を向いて進み続ける、そして今が限界だと思わずにまだまだ先に進むという気持ちが出ているこの言葉…あなたもまだまだです!今も頑張っていると思います。だけど、まだまだ先はあります!

 

今はまだ社会の状態が不透明で前向きになれない現状の人がいることはわかります。

ですが、きっと心を強く持ち続けることで、もっと成長できます。大丈夫!!!

 

あなたの人生…もっともっと成長できる!

まだまだやぞ!!

 

魂から熱くなりたいなら、この本はいかがでしょう。

人生のバイブルとして、中山雅史選手の人生から感じたい。

先が見えにくい社会だからこそ!今こそ!この本を手に取ってみてください。

未来が見えない若者へ


何度も大けがを負っても立ち上がった人の言葉を心に刻め!

 

関連記事

言葉や名言・格言を探しているのならこちらの【名言・格言】まとめ記事紹介!からどうぞ!

0

-言葉・格言
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

© 2021 これからやぞ!! Powered by AFFINGER5