エビライフ

【水温は?ヒーターは?】メダカのための冬支度【冬眠?室内?ベランダ?】

みなさんこんにちはエンピツです。

秋になり、気温も少しずつ低くなってきていますね。

そろそろ冬支度をしなくてはいけませんか?

 

そうです。

 

 

 

人間だけじゃなく

エビやメダカたちにも冬支度が必要なのです。

 

 

 

この記事を読んでほしい方

メダカやエビの冬の越し方を知りたい。

冬の準備の仕方は?注意点は?というメダカ飼育をしているあなた。

メダカやエビを冬の間も繁殖させたい!と思っている

モチベーションが高いあなた。

 

あなたの大切なメダカやエビが

春を迎えられるように…。

 

 

 

 

【結論】メダカやエビの冬の越し方~室内・屋外(ベランダ)~

メダカも、エビ(ミナミヌマエビ)も、もとは自然で生活している生き物です。

日本の全国各地に生息しているということもあって

基本的に冬を越すことはできます。

 

 

【結論】室内・屋外(ベランダ)も冬を越すことができる!

ということです。少し温度差はあるので、

全てが同じというわけではないですがどちらも冬を越せます。

ほっとしましたよね。本当に大丈夫です。

でも、「生き物」は命を持っているので

いつ死んでしまうかはわかりません。

基本的には大丈夫な冬越しも、100%ではありません。

 

それをできる限り100%にするための方法を

ここで紹介します。

 

 

 

メダカの冬支度~ここは注意をしよう~

メダカやエビの冬を迎えるために、

みんなが元気に春を迎えられるように支度をしましょう。

 

・エサはやりすぎない。

冬になるとメダカの活動量は減ります。それは動物ならではの習性ですね。

水の中のプランクトンが減少し、エサがすくなくなります。

そのために無駄なエネルギーを消費しないようにしていたようです。

飼育しているメダカやエビの同じです。

冬のメダカやエビにエサをあげすぎることは水質悪化につながります。

特に朝のエサやりは止めましょう。

 

・水替えじゃなく水足しを。(水深にも注意)

冬は夏と比べると水替えをする必要がありません。

ですが、冬にも水は蒸発して減ることがあります。

なので水替えではなく、水足しをしましょう。

特に屋外での飼育の場合、冬の寒い日は表面が凍ることもあります。

その時にメダカやエビや水深深い所にいることが多いです。

水面よりも水深のほうが水温は高いので、

水深が浅くならないように水を入れてあげましょう。

 

 

・直射日光をあてない。

あなた
あなた
え?光を当てて水温をたもたないとダメじゃない?

と声が聞こえてきそうですが、

考え方を反対にしましょう。

寒い冬には寒い冬なりのメダカたちの生活があります。

直射日光を当てすぎると

急な水温変化により、エビやメダカの全滅につながります。

メダカやエビはとても弱い生き物なので

急な水温変化を避けてあげましょう。

 

 

 

冬に死んでしまう原因

・水温の急な変化

メダカやエビが冬に死んでしまう原因のひとつに「水温の急な変化」があります。

自然界で生きている生き物なので、夏には水温があがり、

冬には水温が下がる…というのには対応できるメダカたちですが

「急な」水温の変化には当てられません。

特にミナミヌマエビはメダカよりも水温の変化に弱いので注意が必要です。

急な水温の変化を防ぐためには「直射日光を防ぐ」ことが1番です。

 

これからやぞ住民
これからやぞ住民
冬だし、水温下がるから直射日光を当ててあげよう。

ということが意外にもエビやメダカたちの死ぬ原因になるので注意しましょう。

昼間と夜との水温変化に耐えられなくなってしまいます。

 

・水質悪化

2つ目の原因は水質変化です。水質が悪化することで

エビやメダカに悪影響がうまれるのです。

その水質悪化を引き起こすのが「エサのやりすぎ」です。

寒くなると活動量が少なくなる生き物ですから、いつもと同じようにエサをあげても全てを食べきれるわけではありません。

そうするとエサの食べ残しがたまり少しずつ少しずつ水質が悪化してしまいます。

なので水質悪化を防ぐためにも、エサのやりすぎに注意しましょう。

 

 

メダカを繁殖させるならヒーター

冬の間も、エビたちの元気な姿を鑑賞したい。

繁殖もさせてあげたい!というあなたにはヒーターがおすすめです。

夏のファンと同じく、水温を安定させ、メダカが活発になり繁殖も!!

これがあれば冬の間にもメダカが産卵をするようになります。

ヒーターの購入の際には

・電気代

・どれぐらいの温度設定ができるのか

・適合水槽の大きさ(リットル)

・商品の値段

をチェックして商品を探してみましょう。

 

水槽用パネルヒーターの電気代(参考)

水槽用パネルヒータのサイズ別電気代

パネル別に1日8時間稼働したときの1ケ月の電気代を計算してみると(1kWh=27円)

1ヶ月の電気代
50W 324円
75W 486円
100W 648円
150W 972円
200W 1296円
300W 1944円
500W 3240円

500wのヒーターとなると、もうそれは大型なので

そんなに気にしなくていいかもしれません。

GEXメダカ元気オートヒーター

消費電力55Wですので電気代の目安は300円~400円ですね、

設定温度23度なので魚に優しい温度です。

適度雨水槽は18Lと小さめな水槽にピッタリです。

楽天から購入すれば全国送料無料の2290円です。

 

GEX NEWセーフカバーヒートナビ80

消費電力80Wで、電気代の目安は500円~600円。

設定できる温度が15度から35度と幅広いことが特徴です。

ですが適合水槽が26リットル以下と小さめです。

値段は送料無料の3290円です。

 

 

 

テトラ26℃セットヒットヒーターJ

消費電力50Wです。電気代の目安は300円~です。

設定温度は26℃と、丁度良くエビもメダカも快適です。

適合水槽が20Lと少し小さめですが、

お値段が1890円(送料無料)ととても安い!

コスパ最強ヒーターです。

 

ここまで紹介したヒーターは

小さめ水槽ですが、大きめの水槽用のヒーターを

探している方はこちらはいかがでしょうか。

ニッソー ニュープロテクトプラス300W

ヒーターサーモセット

このヒーターは300Wとなっていますが、

1Wから300Wまで調整可能です。

水槽を変えた時にその水槽に合ったヒーターに交換すればどんな水槽にも対応可能です。

設定温度も 15度から35度と幅広く対応できます。

適合水槽は150L以下(ヒーター交換が必要)

値段は3680円!

商品ページ下部にはW数の違うヒーターもありますので、

自宅にある水槽に適合するヒーターをお探しください。

 

 

冬のエビ・メダカ対策

エアレーションを設置する

有りか無しかで言ったら、付けておいた方が、生存率はあがります。

水が回転しますし、バクテリアにも良い。

屋外で、コンセントが近くにない場合は仕方がないですが、

もし近くに電源が取れれば、付けておくと良いでしょう。

ただし、あまりにもブクブクが強いと、

水流が生まれて、メダカたちのストレスになることもあるので

気を付けて下さい。

 

 

まとめ

だんだんと寒くなってくるこの季節、冬に向けて準備は整いましたか?

 

特別な方法がなくてもエビやメダカは冬を越すことができます。

ですが、より生存率を上げるために、

冬の間も繁殖をさせるために、紹介した対策を

しておくことが必要です。

①ヒーター

②軽めのエアレーション

のどちらかも考えたいですね。

 

また春になれば

元気に活動するエビやメダカを鑑賞することができます。

春を楽しみにして冬を越しましょう。

 

エビやメダカの冬支度は…

これからやぞ!!

0

-エビライフ
-, , , , , , , , , , , , , ,

© 2021 これからやぞ!! Powered by AFFINGER5