エビライフ

【水槽に必要なもの】ミナミヌマエビ・メダカの飼育日記~水草・水槽・おすすめ商品~【育て方】

みなさんこんにちは!エンピツです。

あなたのエビライフを楽しいものにするために、

今回はエビブログ第2弾です!!

 

エビ飼育5年目に突入したエンピツがおすすめ飼育アイテムを紹介します。

かといってエビの専門家ではないので、参考にしてください。

このブログは、自宅でできる!簡単・楽しいエビ飼育のためのブログです。

 

 

以下のような方にぜひ読んでいただきたいでエビ~~…はい。。

 

目次

この記事を読んでほしい方

・今からエビを飼育してみたい。

・どんなアイテムを集めればいいのか迷っている。

・メダカも育てたいけど、エビも一緒に入れたい。

・おしゃれにアクアリウムを作りたい。

・ただ、エビ日記を読みたい。

 

エビ飼育のために揃えたいアイテム

エビを飼育するために揃えておきたいアイテムは以下の5つ!

①水槽

②フィルター

③砂利(底砂)

④隠れるところ(水草など)

⑤その他アイテム

 

①の水槽関しては過去ブログで紹介していますので、そちらを参考にしてくださいね。

↓関連記事はこちらから↓

【水槽】ミナミヌマエビの飼育日記~飼育ケースはどれを選ぼう~【育て方】

 

水槽でセットを購入したあなたは、②のフィルターもそろっていると思いますので、③砂利から読み進めて下さい。

 

 

水槽に着けるおすすめフィルターを選ぼう

フィルターを選ぶ時には水流の強さには気をつけて選んでくださいす。

ですが、今のフィルターはどれもしっかり作られているので、

エビが吸い込まれて死んでしまうということはありませんので、安心して購入してもらえたらと思います。

 

 

エンピツも飼育を始めた時に、フィルターに吸い込まれ、

ろ過する部分で住み着いてしまったエビを何匹を目撃したことがあります。

とても申し訳ない気持ちでございます。エビのみなさんすいません。。。

 

このブログを読んでいるあなたには同じ気持ちを味わってほしくないので

いいフィルターを見つけましょう!

フィルターもたくさんの種類が販売されており、どれを買えばいいのかわからなくなりますよね。

おすすめフィルター①オーソドックスなフィルターを選ぶならこちら

 

この形のフィルターは、セットの水槽を購入するとよくついてくるフィルターですよね。

日本で最も使用されているフィルターのひとつで、安定して使用できる商品です。

水槽の底において使用するタイプのフィルターなので、初心者でも安心です。

コスパもすごくいいので、購入して間違いのない商品です。。

ただし、この一つだけを購入しても使用できないので、別売りのチューブ・ポンプを同時購入して、使用しましょう。

フィルターの交換時期など詳しくはクリックしてみるとわかるので、このフィルターは要チェックです!

 

その他にも外掛けフィルターなど、定番のフィルターはどなたでも、簡単に使用することができます。

 

この外掛けフィルターも、オーソドックスでよく目にするタイプになっています。

この商品はろ過にとても適しており、水中ローター方式のモーターなので、

とても静かで、余計な雑音とかが気にならないようになっています。

この2点のフィルターは、フィルターのスタンダードといっても過言ではないので、

色々ありすぎて悩むのならこちらを購入しましょう。間違いない!です。

 

 

 

おすすめフィルター②水槽内の見映えにこだわる人はこちら

上記で紹介した商品は、安心して使用できるフィルターではありますが、

水槽内に置くことで場所もとることがあります。

 

飼育するエビのことを考えると、安定のフィルターを使用したいところではありますが、

エビのことも考えながら、インテリア・オシャレにこだわりたい!!

 

という人もいると思います。

そしてそのために

あなた
あなた
でも、水槽内もおしゃれにしたいから、
フィルターに場所は取りたくない。

 

という本音もあるのでしょう。

 

 

そんなあなたにはこちらの水槽フィルターはいかがでしょうか。

 

このフィルターの大きな特徴は大きく6つ!

・外部フィルターでろ過されたきれいな水を適量分だけ底床から吹上
・適量分以外の水はオーバーフローかシャワーパイプから水槽に循環
・水草の根の生長を促す底床環境を実現
・水の循環により水槽を常に好気的な状態に保持
・有機堆積物の蓄積による硫化水素の発生を防止
・ろ過容積の増大による水質の維持

そしてなにより底面フィルターになっているので場所を取らないことが大きなポイントです。

これを使用すれば水槽内をおしゃれにレイアウトできること間違いなしです!

ただし大きさの問題もあるので、使用できる水槽かどうかしっかり見てから購入を検討してください。

また、水槽内がスマートな分、水槽の外に色々な機器があるので、そこも考えましょう。

 

そして…フィルターを始めて購入するあなたにエンピツがおすすめするのは…「セットで購入する」です。

水槽を購入する際にセットで販売しているものを購入すると、安心して使用することができます。

 

あなた
あなた
こんなに言うというて、結局セットかい!

 

と思ったのならすいません。笑

 

ですが、間違いないことは…セットは安心して使用できるということです。

 

【水槽】ミナミヌマエビの飼育日記~飼育ケースはどれを選ぼう~【育て方】

 

こちらで水槽のセットも紹介しているので、ぜひご覧ください。

でも、フィルターも機能や大きさ、また小さなエアーポンプなど、

こだわれば色んな種類があるので、探してみるのもいいかもしれません。

 

 

番外編 ビオトープを目指すのならば

ビオトープを目指すのならば、フィルターを設置しなくてもエビは生活ができます。

ただしその際は水草を入れ、適度に日が差し、適度に影ができるようにすること。

そして水質がしっかり安定するようにしておきましょう。

ベランダやお庭で簡単ビオトープを作ってみるのもいいかもしれませんね。

あなた
あなた
ビオトープにしたいけど、水中の酸素がやっぱり気になるかも…。

という人のための…酸素のことを考えるのならば、こういうアイテムもあります。

 

エンピツも、ベランダに置いている睡蓮鉢で飼育しているエビには

この「おさかなぶくぶくブロック」を使用しています。

全く問題なく使用できているので、こちらも要チェックですね。

 

 

水槽に入れるおすすめ砂利を選ぼう

こんな写真のような砂漠の砂みたいなものを入れる人はさすがにいないとは思います。

 

むしろ…

あなた
あなた
え!?砂っているの?

と思う方もいると思います。結論から言えば

 

「砂は、いります!」

エンピツも最初は別に要らないと思っていましたが、ショップの店員さんに確認した所

「エビは、つかむところがあったほうがストレスなく生活ができるので、底面に砂を敷いてあげましょう。」

と言われました。まぁ、でも、入れたほうがおしゃれだし、

エビのためになるのなら入れたほうがいいですよね(当たり前www)

砂も、色や大きさ、量など色々と販売していますのでいくつか紹介しますね。

 

どんな砂でもいいというわけではありませんが、種類も豊富なので、チェックしてください。

 

おすすめ砂①水槽内を自然に近づけるならこちら

 

水槽の中の砂でよくあるのは、この砂ですよね。エンピツもずいぶん長い間使用しています。

アクアショップでもよく使用されていることからも、安定して使用できることが分かります。

3L(5㎏)で680円とコスパもよく、放射能測定をしてからの出荷なので、エビもあなたも安心は間違いなしです。

 

 

 

おすすめ砂②ちょっと豪華に演出したいのならこちら(紅白砂)

 

まさに金魚の砂!というイメージですが、エビの水槽でも映えること間違いなし!

美しい紅白で、エビを豪華に飼育してみませんか?この砂利を使っていると、

毎日何時間でもエビを眺めて、ついつい時間を忘れちゃいそうですよね。

 

おすすめ砂③映えるアクアリウムにしたいならこちら(カラーサンド)

 

せっかくのアクアリウムでおしゃれに演出したい人も少なくないはずです。

せっかくだから、自分好みの色にしませんか?

好きなカラーサンドでアクアリウムを作れば、あなたもエビも、気分があがることは間違いなし。

2色を混ぜたりするのも楽しいかもしれませんね。

 

おすすめ砂④大人な気分でエビを飼育したい人はこちら(黒砂)

 

光沢のある黒色が、エビやメダカを引き立て、美しく観賞ができます。そしてやっぱり単純に…黒ってかっこいいですよね。

この黒い砂を敷いてエビを飼育すれば、意中の女性もイチコロです。

 

 ね?

 

 

正直に言うとこの黒い砂はエンピツはまだチャレンジしていませんが、一度購入してみたい商品です。

→新しい水槽にチャレンジしてみました。その様子はこちらから!

【水槽立ち上げ】ミナミヌマエビ・メダカの飼育ライフ~低予算で作ろう購入品紹介~【水草?メダカ?】

 

番外編 砂を買うのは…

どうしようもないときには近くの川に行って砂利を集めてきても大丈夫です。

エンピツも最初は川の砂利を水槽に敷いて使っていました。

※川の砂利を使用する注意点

しっかり洗ってから使用しないと、微生物や汚れなどが水槽に入ってしまい

、水質が悪くなったり、生態系が崩れるかもしれないので、注意してくださいね。

また、各自治体などで確認などをせずに勝手に持ち帰ると罰せられることもあるので注意しましょう。

 

 

水槽に隠れるところ(水草)を選ぼう

メダカを飼育する時もそうですが、水草のような隠れるところも必ず必要です。

自然で過ごしている生き物は「外敵」から身を守るために普段は隠れています。

丸出しではありませんよね。

かといって本当に自然に近い形にしてしまうと、せっかくのアクアリウムも鑑賞ができません。

なので水槽の大きさや飼育している数に合わせて適度に水草を入れましょう。

水草を入れることで水質も安定させる効果(水質悪化を防ぐ効果)があります。

水草を選ぶポイント

何でもかんでも入れればいいというわけではありません。

国産や外国産によっても大きく変わりますし、

水質なども考えていかなければ、入れたはいいものの、

ぐに枯れてしまったり、水槽内の生き物に食べられてしまうこともありますので、

十分に考えてから購入してくださいね。

①エビが隠れることができる水草

②エビが食べてしまわないような大きさの水草

③できるだけ二酸化炭素を消費しない水草

をポイントにして購入しましょう。

 

 

おすすめ水草①無農薬でエビにも安心【無農薬】ウィローモスマット

 

やっぱりおすすめの水草で紹介しなければならないのはこのウィローモスマットです。

そしてこの無農薬ではないとエビが死んでしまうことがあるので、必ず無農薬を購入しましょう。

複数購入して底面の敷き詰めれば、あっという間にウィローモスマット絨毯の完成です。

きっとエビも大喜び♪

このウィローモスマットを購入するのが、まず間違いないです!

 

おすすめ水草②育成も簡単!無農薬マツモ

 

金魚を飼っている人なら、いや、そうでない人でも一度は目にしたことのある 水草ですよね。

高温や低温、低光量、CO2の添加が無い環境にも耐える等、

ほぼどんな水槽にも対応できる適応能力の高い種類ですので、育成も難しくありません。

もちろん無農薬なのでエビ飼育はもちろん、メダカなども一緒に飼育しようとしているあなたにおすすめの1つです。

ただし、草食性の強い生き物には食べられてしまうこともあるので気を付けましょう。

詳しくは上のバナーをクリックすれば、ご覧になれるので、バナーからチェックして下さい。

 

 

エビの飼育おすすめその他アイテムはこちら

水槽を購入し、フィルターや砂利、水草まで準備ができればあとはもう少し!

エビの飼育をするためのおすすめアイテムを一気に紹介します。

興味のあるアイテムを見つけて、自分だけのオリジナルアクアリウムをつくりましょう!

沈没船を入れて水槽内を海の底に!宝物が眠る、夢のあるアクアリウム!

水槽内のオーナメントで流木や岩を置くのはもちろん、こんな沈没船はどうですか?

1つ入れるだけで、水槽内が夢のあるアクアリウムに大変身です。

【水槽立ち上げ】ミナミヌマエビ・メダカの飼育ライフ~低予算で作ろう購入品紹介~【水草?メダカ?】

オーナメントにチャレンジしちゃいました。関連記事です。

 

 

水槽内を日本庭園に!エビが橋をちょこちょこ渡る姿を観たくないですか?

「和」のテイストを取り入れて、落ち着く癒しのアクアリウムを演出♪

橋の下で隠れるエビを観ると、なんだか和みますよね。

 

 

見た目だけではなく、しっかりとエビの健康にも気を付けましょう。

エビの栄養補給に適した添加剤です。発育と発色を良くし、稚えび成長促進に効果が見込めます。

これ1本を買っておけば、安心です。エビの成長をあなたが守ってあげて下さい。

 

 

エビの飼育は水質が命!しっかりと水質を守りましょう。

バイオスコールを使用すれば、 餌の食べ残しやフン等を分解しきれいな水で飼育ができます。

水質を守れば、エビの繁殖力の増進につながります。

 

 

まとめ

 

エビやメダカを飼育するにあたって意外と購入が必要なアイテムも多いです。

エビもメダカもあなたと同じ「命」です。

命を育てるということを忘れてはいけませんよね。

自分勝手に水を入れ、水質も守らずにしてしまうのはよくありません。

ビと向き合い、しっかりと飼育して、楽しいエビライフを過ごしてください。

エビライフブログもまだまだ更新していきます。

 

あなたのエビライフは…

 

 

これからやぞ!!!

 

関連記事

【水槽立ち上げ】ミナミヌマエビ・メダカの飼育ライフ~低予算で作ろう購入品紹介~【水草?メダカ?】

【驚き】ミナミヌマエビの奇行をお届けします【理由は?】

【メダカ】水槽掃除のおすすめアイテム・道具【ポンプ・スポイト】

【水温は?ヒーターは?】メダカのための冬支度【冬眠?室内?ベランダ?】

 

0

-エビライフ
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

© 2021 これからやぞ!! Powered by AFFINGER5